ファッションデザイン学科

TOP > ファッションデザイン学科 > 主な履修科目・卒業生メッセージ

主な履修科目・卒業生メッセージ

服飾デザイン学

人とデザインのかかわりやデザインする意義など、デザインの基礎理論を理解し、人体のプロポーションや着装表現・素材表現そして画材の特性などを学びます。デザイン画の基礎となる描写力・創造力を育成し、豊かな表現力を身につけます。

ファッションカラーリング

ファッション業界では、デザイン・企画・生産・販売などあらゆる場面で色彩に関する専門知識が必要となります。三属性や人の心理面に与える効果など、色彩を扱う上で必要な基礎理論から学び、配色や色彩構成など、実践的な実務運用スキル(技術)を身につけます。

服飾造形学概論

立体である服を構成している各種パターン作成の基礎から応用、メンズや子供も含む体型別パターン展開などあらゆるバリエーションに対応できる作図理論を学びます。

服飾造形基礎実習

服作りには欠かせないミシンによる衿や袖、その他各種パーツの縫製技術の基礎を学びます。

服飾造形実習

テーマ別の課題と製作実習を通して、各種デザインや素材別の縫製技術を身につけます。また立体パターンを用いたアパレル生産システムによる製作技術も取り入れ、あらゆるデザインやシルエットを表現出来る力を身につけます。

パターン実習

アパレルでの服作りに必要な立体裁断を学びます。ヌードボディを使用し、立体的な布目扱いの基本から高度なドレーピングテクニックまで習得し、立体感のある服作りを目指します。

ファッションビジネス理論

ファッションビジネスの基礎知識としてファッション産業界の構造やさまざまな形態を理解し、ファッションビジネスの機能やシステムを総合的に学びます。

被服材料学

被服素材の基礎知識として、各種繊維・糸・テキスタイル・加工方法などを理解し、その用途や役割を認識することにより、デザインやパターンメーキング、縫製への応用展開ができるよう学びます。

被服管理学

アパレルにおける生地、製品についての品質基準・表示やクリーニング方法などの消費性能をテキスタイルの基礎知識と関連づけながら学びます。

工業用ミシンをはじめ、各種縫製機器は一人ひとりに充分な台数を配備しています。

ファッションに関する情報収集はもちろん、さまざまなパソコンスキルを身につけます。