介護福祉学科

TOP > 介護福祉学科 > 主な履修科目

主な履修科目 広い分野から「介護」を学び、経験豊かな講師陣の指導のもと、現場に求められる人材を育成します。

人間と社会

人間の理解
人間の尊厳と自立について学び、介護での倫理的な課題に対応する基礎能力を養い、またコミュニケーションスキルも身につける。
社会の理解
社会保障制度や介護保険制度について学び、生活と福祉の関連性をよく理解して、専門職に欠かせない知識や姿勢を身につける。

こころとからだのしくみ

発達と老化の理解
人間の成長と発達について学ぶ。とりわけ介護場面に必要な老年期の心理やからだの機能の変化に対する知識を身につける。
認知症の理解
認知症に関する基礎的知識を身につけ、介護をする視点から、家族への支援や地域・チームとの連携についてその大切さを学ぶ。
障がいの理解
障がいのある人の心理や心身機能の基礎的知識を身につけ、家族への支援や地域・チームとの連携についてその大切さを学ぶ。
こころとからだの
しくみ
人体の構造や機能といったからだのしくみや疾患について基礎的知識を身につけ、介護サービスでの安全や心理的な配慮について学ぶ。

介護

介護の基本
介護福祉士を取り巻く状況や介護を必要とする人への理解、また安全の確保といった介護の実践に欠かせない基礎知識を身につける。
生活支援技術
利用者の自立に向けた排泄、食事、移動、入浴に必要な基礎的知識と、清潔を保つ介護を学び、スムーズな動作を行えるようにする。
介護過程
各科目の学びを統合して、介護過程の展開方法を学ぶ。そしてチームアプローチの大切さを理解し、介護サービスに活用できるようにする。
介護総合演習
介護実習を通して総合的に学ぶ。施設の概要などを学ぶ事前学習から、施設職員とのディスカッションを通して学ぶ事後学習までを行う。
介護実習
学外実習を通して、地域に根ざした高齢者や障がい者の生活に対する関わりを学び、介護の専門職として必要な能力を身につける。

介護

医療的ケア実施の基礎 2013年4月より新しいカリキュラム「医療的ケア」を導入
喀痰吸引
(基礎的知識・実施手順)
経管栄養
(基礎的知識・実施手順)
演習