資格の館
温活アドバイザー

温活アドバイザーの難易度について!合格率はどれくらい?

ユーキャン公式 温活アドバイザー講座 概要

「温活」という言葉はみなさんの中でも聞き馴染みのある言葉ではないでしょうか。
女性の方は特に体が冷えやすい体質だとも言われています。
そういった基礎体温を上げるように、日頃から心がけるようにしていくことも「温活」です。

では、温活アドバイザーですが、2020年12月にユーキャンで開講された新しい資格講座です。
温活の知識や幅などが多く求められると思いますが、実際に新しい資格になります。
実際に「どのくらいの難易度なのか?」「合格率は?」など、詳しい内容は知られていないでしょう。
ここでは、そんな温活アドバイザーの資格についてご紹介していきましょう。

そもそも温活って何?

まずは「温活」とは何か?ということですが、日常の中で体を温める習慣を付けることを総じて「温活」といいます。
普段から体を温める習慣を付けることで、冷えからくる体調不良などを予防することを目的としています。

また、昔の人に比べると現代人は基礎体温が0.5~1.0℃くらい低い傾向にあると言われています。
そこからくる体の不調などを改善することは、婦人病などを未然に防ぐとも言われています。
こういった体の中から外からと温めて、体温の差を大きくしないことで不調を減らすことが「温活」の大きな活動です。

温活とは、冷えを改善するために体温調整能力を高める活動のこと。肩こりや頭痛といった、冷えに伴う体の不調の改善や、美容へのうれしい効果も期待できます。
(参照)ユーキャン 温活アドバイザー講座

温活をするとどういう効果があるの?

温活をすると体温が上がるということはわかりましたが、それによって体にどういう効果が出てくるのでしょうか。
具体的に分かりやすい効果をまとめてみましょう。

・太りにくく痩せやすい体へ体質改善
・血行改善
・免疫力が上がり、風邪や治りにくい傷など自然治癒力を上げる

など、基本的に体の中から変わることができるので、様々な効果が出てきます。
子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮頸がん・卵巣がんなどの婦人病では、血の巡りや冷えが大きく関係していることが証明されています。
それだけ、温活は体に必要な活動なんだということですね。

温活アドバイザーってどんな資格?

では、温活アドバイザーとは具体的にどんな資格なのでしょうか?
上述でもあった通り、女性に多い体の冷えを改善するために、知識をより深く勉強・取得してアドバイスすることができる資格です。
また、中から外からとより具体的かつ有効的な方法などを指導してくれるアドバイザーでもあります。

例えば、
・体の動かし方・それに伴った食事・栄養素などの知識
・自律神経からくるストレスと冷えの関係性
・温活とファッションの関係性
・温活に効果的な入浴方法
・マッサージでより血行をよくしていく方法
・温活レシピ

など、温活の知識をより深く豊富に勉強して、より多くの方に正しい温活を教えることができる資格でもあります。

関連:温活アドバイザーになるための勉強は?

温活アドバイザーの取得までの費用・期間ってどのくらい?

温活アドバイザーがどのようなものかということは分かっていただけたのではないでしょうか。
では今回はユーキャンで取れる資格として、温活アドバイザーの資格習得までの費用と期間をご紹介しましょう。

標準学習期間として3ヶ月。(受講から6ヶ月までの指導を保証されています)
保証期間もあるので、ゆっくり学ぶことができるのもいいですが、
最短で3ヶ月で取得できるのもいいところも魅力的ですね。

週に2~3日、1回で1レッスンずつ取り組めば理想的なペースで学習が進められます。
忙しい方でも、スキマ時間を活用したりお休みの日にまとめて学習を進めればムリなく学習が進められます。
(参照)ユーキャン 温活アドバイザー講座

費用として32000円(2980円×11回=32780円の分割も可)です。
月に2000円台の授業料なら安いかと思います。

テキスト2冊、DVDなど他にも教材がありますが、質問が1日に3問、添削がコース受講中3回受けることができるので、内容もしっかりしています。
在宅での資格習得は途中で億劫になることもありますが、3ヶ月の短期間(逆に6ヶ月保証がある)で自分のペースが掴みやすいのも魅力です。

関連:温活アドバイザー取得にかかる費用は?

温活アドバイザーの試験の難易度は?

温活アドバイザーになるための試験ですが、やはり難易度が気になるところでもあります。
試験自体は自分のタイミングで受けることができます。

このコロナ渦で試験が延期されたり、チェックが厳しいところもありますが、温活アドバイザーの試験は在宅でOKです。
ユーキャンの資格習得講座の場合、添削の3回のうち、3回目が検定試験になります。

受講していたテキストの中から出題される形になります。
マークシート方式の検定となり、70点以上で合格です。
※マークシート方式で7割の正解率で資格取得となりますので、難易度的には難しくはないと言えます。

資格の名称は「温活アドバイザー」で認定団体は「NPO法人日本ホリスティックビューティ協会」となります。
希望者のみにディプロマ(認定書)が発行されます。

温活アドバイザーを習得できる「NPO法人日本ホリスティックビューティ協会」とは?

ユーキャンの資格講座ではありますが、もとは「NPO法人日本ホリスティックビューティ協会」が運営している温活アドバイザーという資格になります。日本で初めて女性の心と体のセルフケアに的を絞った団体です。

この協会のコンセプトは、「スガタ×カラダ×ココロ=キレイ」ということで、独自のセルフケアの資格などもあります。

NPO法人日本ホリスティックビューティ協会(HBA)は、日本ではじめて、女性の心と体のセルフケアに的を絞った啓蒙団体です。
(参照)NPO法人日本ホリスティックビューティ協会 協会概要

温活アドバイザーが活躍する就職先はどんなところ?

温活アドバイザーという職業はないので、温活アドバイザーを活かした就職先や、今の仕事に役立てるという風に考える人も多いでしょう。
また、ユーキャンの資格講座の説明の中でも、
「ご自身の冷えを改善するためのセルフケア、ご家族や友人の方など身近な方へのアドバイスなどにご利用ください。」
とあるので、趣味程度の資格と思っていいでしょうね。

実際の職業で温活アドバイザーが活躍できる場所として、
・料理教室での温活レシピ
・ホットヨガでの体の温めかた
・アパレル関係の体を冷やさない服選び
など、衣食住で活躍できる資格ですね。
実用性はある資格なので、今の仕事でワンランク上を目指す意味でも、知識があるのは凄みになるでしょう。

関連:温活アドバイザーの就職先は?

関連:温活アドバイザーは副業にできる?

意外と生活に欠かせない温活アドバイザーの知識

「温活」も、もう10年前から出てきている言葉ですが、現代人(特に女性)は体温が下がっている人が多いです。
体の体温が1℃上がれば、免疫力UPにも効果がありますし、基礎代謝も上がります。

冷え性で悩んでいる方にも冷えてしまうメカニズムや改善するためにすることなども勉強できます。
体質改善を考える方にもおすすめですし、お薬では治らない体の不調にも効果的でもあります。
正しい温活の知識を持っていれば、自身の体調管理にも繋がり、健康的に過ごせますよね。

まとめ

温活アドバイザーの資格についていろいろと紹介してきましたがいかがでしたか?
体の冷えは万病の元でもあります。
そういった知識を身に着けて、お仕事のスキルアップをするもよし、自身の生活に取り入れるもよしですね。

資格自体は難易度も高くないので、生活の負担にならないようにうまく時間を使って勉強できそうですね。
「温活アドバイザー」を取って、楽しい温活ができるお手伝いができればいいですよね。
ぜひ、ユーキャンの「温活アドバイザー講座」も見てみてくださいね。